Short Story

俺、慣れてないんで

 この駅からだと千坂は外回り、百川は内回りの電車に乗る。
 それなのに百川が乗る電車のホームへと連れていく。
「ちょっと、俺の部屋にくる気ですか?」
「あぁ。この駅からならお前の部屋の方が近いからだ」
 部屋についてくる理由に気が付いているが知らないふりをする。
 千坂から顔を背けて電車に乗るのは聞きたくないからだ。
 それなのに、電車を降りて部屋に向かう途中、
「なぁ、わかっているんだろ?」
 と言い出した。
「知りません」
 耳を掌で押さえて聞きたくないというジェスチャーをするが、その手をつかまれ耳から離れてしまった。
「女の子にもてる俺が、お前の部屋に行こうとする理由」
「聞きたくないから知らないふりをしているのにっ」
 それを聞いてしまったら、確実に千坂との関係はかわるだろう。
「俺にとっていい先輩、それだけじゃダメんですか?」
「あぁ。ダメな部分を見ても変わらなかった。本当の俺を見てくれるのはお前だけだ」
 手をつかんだまま、ついばむようなキスをされて眉間にしわを寄せる。
「真っ赤だぞ、顔」
「あんなことを言われたら、こうなるでしょうが」
 いつもキラキラとしてかっこいい。見た目に気を使っているのは誰でも気が付く。
 仕事だってそうだ。手際の良さ、目が行き届いている、さりげないフォロー、いいところをあげたらきりがない。そんな人が自分にだけダメな部分を見せるのだから。自分には気を許しているのだと嬉しく思ってしまう。
「ただの可愛い後輩、それだけの感情だったんだ。だけどさ、百川の良さを知っていくうちにそれだけじゃ物足りなくなって、キスした時の可愛い顔をみたら歯止めが利かなくなった」
 と笑う。
「わー、もうやめてください! モテるのに俺なんかに惚れて残念すぎです」
「そんなことはない。なんだかんだいって優しいお前がますます好きになった」
 ぐいぐいと迫りくる千坂に、百川は一歩、また一歩と後ろへと下がる。
 背中には壁があり、逃げ道がなくなってしまった。
「俺は、今まで告白されたことなんてないんです。慣れてないからドキドキするのであって」
「そこは素直に俺にドキドキしてますって言えよ」
 額がくっついて息がかかる。
「あの、ここ、外なんですけど!」
 キスを阻止しようとそう口にすれば、
「それなら急いでお前の部屋に行こう」
 と手を握りしめた。

 中へ入ると玄関で抱きしめられてキスをされる。気持ちよさに頭が惚けたが、手が服の中に入り肌を撫でられた瞬間、はっとなる。
「ダメですって」
 それを止めるが、なんでというような顔をされた。
「キスを許したらその先もしていいとか思ってます?」
 好きだという気持ちは伝わってきたけれど、俺の気持ちはまだよくわからない。
 それなのに先に先にと求められ、置いてけぼりをくらっているかのようだ。
「百川は行動で示さないと考えてくれないだろう? 俺はただのいい先輩でいるつもりはない」
 そう千坂が言う。
 本気なんだと千坂の目を見ればわかる。だけど、そんなことを言われても困る。
「だから俺は慣れて……」
「それ、言い訳だから。俺は押すタイプなんで。これからも隙あれば手を出すつもりだから」
 止まるつもりがない千坂に、百川は黙り込む。
「それでも嫌なら俺を部屋から追い出せばいい」
「……えっ」
 追い出す。本当に嫌ならそうするべきなのだろう。
 千坂はきっと今まで通りに接してくれる。でも百川の方はどうだ。
 自分にだけ見せていた本当の姿。二度と見ることはないだろう。
 掃除も、ついでにご飯を作ることもなくなる。
(楽じゃないか)
 千坂の面倒を見なくて済むのだから。
 だけど胸の奥がチクチクと痛むのはどうしてだろう。
「百川、どうした?」
 心配するように千坂の手が額に触れる。
 顔が近い、そのことに動揺し熱が上がる。
「あっ」
「なんだ、意識したのか?」
 顔面偏差値の高い男の顔が近いのだ。
「違います。近いっ」
 顔を手で覆い隠す。
「そりゃ、近づけてるからな」
 掌に柔らかいものが触れて離れる。
 それが余計に百川を熱くさせた。
「もう、勘弁してくださいよっ。千坂さんとのこと、きちんと考えますから」
 力が抜けて床に座り込むと、千坂がしゃがみこんで笑顔を浮かべる。
「まぁ、一歩前進ということで良しとしますか」
 そういうと百川の肩をぽん手を置き、あたりを見渡すと寝室の方へと歩いていく。
「え、ちょっと、どこへ行くつもりです」
 嫌な予感がして立ち上がると千坂の腰へと腕を回して引きとめた。
「寝室」
 当然のように言うけれど、下心しのある男を寝室に入れるつもりはない。
「ダメですからっ」
「俺のことを抱きしめているのに?」
 そういわれて慌てて腕を離すが、振り返った千坂が今度は百川の腰へと腕を回した。
「千坂さん、俺は」
 慣れていない、そう言いかけて口を噤む。
 千坂の言う通り、それを言い訳にして逃げようとしている。
「俺の気持ちを考える気になってくれたようだな」
 ふ、と優しい笑顔を見せて頭をぽんぽんとたたく。
 ずるいなぁ。今、その顔をされたら胸がキューンと締め付けられてしまう。
「だからイケメンは」
「惚れちゃうだろう?」
 そういってウィンクする。それが憎らしいほどに様になっている。
「己惚れてないで、泊まるならお風呂どうぞ。ソファーかしてあげますから」
「わかったよ。今日はこれで勘弁してやるから」
 ちゅっと音を立て、触れるだけのキスをして額を合わせた。
「もうっ」
 千坂のペースにならないようにと思っていたのに、完全に巻き込まれてしまった。
 頬に手が触れる。
「仕方がないので、服をかしてあげます」
 それに頬を摺り寄せれば、
「ありがとう」
 手が離れ、蕩けそうなほど甘い笑顔を浮かべた。