甘える君は可愛い

社員食堂で休息を

 上司と同僚に恵まれていない。
 やたらと仕事を押し付ける上司、仕事より合コンの女子、コミュニケーションがとれない後輩、女子だけに良い人ぶる先輩……、まわりがこんなだと他の部署が羨ましく感じてしまう。
 協力したり相談したりを気軽にできる、そんな同僚は夜久星哉(やくせいや)のまわにはいない。
 時間きっかりに先輩の岡谷(おかや)がフロアを後にする。残されているのは後輩の筒木(つつき)だけだ。
 彼は岡谷の被害者だった。女子の仕事を引き受けて、自分の分は後輩に丸投げをする。気の毒で手伝おうかと声を掛けるが、大丈夫だと断られてしまう。しかも残られる方が迷惑といわんばかりだ。
 何度かそういう目にあったので、この頃は声を掛けるのをやめた。
 だが、今日は課長に押し付けられた仕事が残っており、夜久も残らなければならない。
 筒木と二人きりの職場は重苦しい空気が流れ、ここにいると息がつまりそうだ。
 帰りたいけれど終わるまでは帰れない。だが、どうにも我慢できず、少し気持ちを切り替えようと席を立つ。
 食堂は十一時から十四時まで食事の提供をしている。
 それ以降は定時の十八時まで。食堂責任者の旭日光大(あさひこうた)が残っていて、小腹がすいた社員のために手作り菓子を売っていた。
 残業の合間に休憩をと、缶コーヒーよりも珈琲マシンがいれたものを求める社員が食堂にいたりするのだが、今日はそこに旭日の姿がある。
「旭日君」
 背が大きくて少し強面。だが、作る料理はいつも美味い。
 パートのおばちゃんたちをうまくまとめていて、沢山いる社員のにほぼ顔を覚えている。
「あ、夜久さん。残業ですか」
 確か歳は自分よりも三つ歳年下で、二十四歳だといっていた。元ヤンだとかそういう噂を聞いたことがある。確かに怒ると迫力がありそうだが、人懐っこくて良い青年だ。
「あぁ。少し休憩と思ってここにきたんだけど、旭日君がいるなんてラッキーだな」
「珈琲?」
「うん。お願い」
 旭日が煎れてくれる珈琲は美味い。
 はじめてそれを飲んだのは一カ月前のことだ。
 その日は酷く疲れていた。女子社員がミスをし、その尻拭いをしていた。
 いつもは真っ先に手伝いを申し出る岡谷なのに、その日は用事があるらしく帰ってしまった。筒木はもともと手伝う気がないようで何も言ってこない。女子達は既に帰った後だし、課長は会議がある。しかも、ミスした子ですら帰ってしまったのだ。
 腹が立つよりも人間関係に疲れてしまった。
 食堂で伏せっていた所に、いい匂いが鼻孔をくすぐり、顔をあげればそこに珈琲が置かれていた。
「え、これ」
 すぐそばに旭日の姿があり、驚いた。
 昼に顔を合わせるが、向こうは食堂の兄ちゃんってだけだ。とくに話したことなど無かった。
「お仕事、お疲れさまです。珈琲、よかったら」
 と厨房へと戻っていく。
 パートのおばちゃんに指示をする声を聞いたことはあるが、昼は戦争だ。口調は乱暴だし見た目のこともあり怖い人だと思っていたが、敬語だし、意外と柔らかく話をするんだなと思った。
「美味い」
 ホッとする。
 心のこもった珈琲だから余計に美味く感じるのだろう。
「ついでにこれもどうぞ。売れ残りですが」
 チョコチップの入ったマフィンだ。
 腹が減っていたのでありがたくそれを頂戴する。
「あぁ、美味い」
「会社員って大変そう」
 椅子を引き、向い合せに腰を下ろす。朝日の手にも珈琲の入ったコップがある。
「そうなんだ。うちの課は協力性がなくてね」
「あ……、つらいですよね、それ。俺も姐さん達をまとめるの大変ですから」
 パートのおばちゃん達を姐さんと呼ぶとは。
「君、可愛がられているだろう?」
「そうですね。息子みたいだって言われます」
「そうだろうな」
 納得だ。くすくすと笑い声をあげると、彼のキツイ目が優しく細められる。
 なんか、癒されるなとほっこりとした気持ちとなった。
「ごめんな。愚痴ってしまって」
「いいっすよ。また吐きだしたくなったら聞きますから」
「ゴチソウサマ、えっと……」
 食堂の兄ちゃんとしか覚えていなかった。
「旭日です。覚えてくださいね、夜久さん」 
 こちらの名前を知っていたことに驚いた。
「え、名前」
「社員証」
 首からぶら下げている社員証を指さしていう。
「これを切っ掛けに」
 話をしたのを切っ掛けに名前を覚える。確かに覚えるにはいい方法だ。
 社員食堂は沢山の人が利用する。旭日はそれでなくとも目立つから顔を覚えやすいだろうが、向こうからしてみたら話をしない限りは誰が誰だかなんて解らないだろう。
「あぁ、そうだね」
 旭日君、そう口にすると、彼は嬉しそうに笑った。

 その日から残業があると食堂へと向かうようになっていた。
 毎回あえる訳ではないが、こうして会えた日はラッキーだと、疲れた心が少し楽になる。
「また、辛そうな顔して」
 慣れてくると触れられるようになった。その指は意外と優しく撫でる者だから、つい、
「旭日君、彼女さんのこともこうやって優しく撫でているの?」
 なんて口にしていた。
「彼女? あぁ、俺、今はフリーなんで」
「え、もてそうなのに」
「俺、年上を甘やかしたいんですけど、向こうは甘えて欲しいみたいで、上手くいかなくて」
 その気持ちも解る気がする。旭日のようなタイプが甘えてきたらキュンとなるだろう。
 だが、旭日は甘やかすのがうまいから、仕事で疲れている時に癒してもらえそうだ。
「俺がもしも彼女だったら、両方もとめそう」
「それは甘えたり、甘やかしたりってことっすか?」
「そう。幸せが二倍味わえそう」
 それは思いつかなかったと旭日が呟く。
「じゃぁ、試しに甘えてみなよ」
 どんと胸を叩く。
 旭日のように体格が良いわけでもないし、女子のように柔らかい身体をしていない。
「いたって普通の男だけれども、それでよければだけど」
 自分で言っておきながら恥ずかしくなってきた。
 よくよく思えば男になんて抱きつきたくないだろう。
「うわ、俺、何を言ってんだろうな。ごめん、仕事に戻るわ」
 席をたとうとした所に肩に旭日の頭がのっかる。
「旭日君」
「甘えても?」
 と間近で微笑む旭日に、胸の鼓動が高鳴った。
「あ、うん」
「あ……、意外といい」
 頭をのせたまま目を閉じる旭日に、夜久は動けずにいた。
 これは予想以上に照れる。自分から言いだしたことだというのに。
「ありがとうございました」
 肩から重みが消え、旭日が頭をのせていた箇所を手で軽くぽんと叩いた。
「いや、少しだけだけど」
 そう、一分にも満たない位の少ない時間。なのに時間が止まったかのように感じた。
「俺もかすんで、いつでも言ってください」
 夜久がしたように胸を叩いてみせる。
 きっと緊張が伝わっていたのかもしれない。和ませようとわざと真似をしたのだろう。
「そうだなぁ、俺より頼りになりそうだし」
「頑丈にできてますんで」
 胸板も熱いし腕も筋肉がついていて男らしい。
「じゃぁ、今度つらかったらかりるわ」
 とこたえ、カップに残った珈琲を飲みほす。
「ごちそうさま」
「はい。仕事、頑張ってください」
 と掌に二つ、チョコレートをのせられた。
「貰いモンだけど、お裾分け」
「ありがとうな」
 手をあげて食堂を後にする。
 心がリフレッシュされ、頑張ろうという気持ちになっている。
 デスクに戻ると筒木が仕事を黙々としていた。
「お疲れ」
 旭日のお蔭だろう。そう声を掛けようと思えたのは。
 ついでに貰ったチョコレートを一つ、筒木のデスクに置いた。
「あ、どうも」
 迷惑そうな顔、と思いきや、とくに表情を変えることなく、包装紙をとって口に入れた。
 腹が空いていたんだろう。一声かけようと思ったが、筒木は仕事に集中しているのでやめた。
 夜久も椅子に座りチョコレートを口に入れると仕事に集中し始めた。