Short Story

手ぐすね引いて待つ

 会社はボーナス商戦期に合わせ、繁忙期を迎えていた。
 えすねっとうぇぶというweb広告の会社で働く伊崎亮汰(いさきりょうた)は、パソコンの画面を睨みつけていた。
 あまりの忙しさに、家に帰る時間も惜しいと、この二・三日は事務所の片隅に置かれたソファーが寝床となっていた。しかも周りはペットボトルやごみが散乱している。
 それを片付けるのは同じ班で一番年下である水瀬輝(みなせひかる)の日課となっていた。
「伊崎さん、そこらに散らかしておかないでゴミ箱に入れましょーよ」
 ゴミを拾う為にしゃがんでいるので頭のてっぺんまで良く見える。
 亮汰よりも10センチは高く、ほどよく筋肉のついたしなやかな体つきをした、たれ目で甘いマスクをした男だ。
 短期バイトの女子大生が言うには、どこかの物語に出てくるような強くて優しい王子さまで、亮汰は王に飼われている鷹だそうだ。
 そんな王子さまを手足のように使う、まぁ、教育係だった亮汰に逆らうことは水瀬にはできないだろう。
「だから水瀬がいるんだろ」
 ゆえにこんなセリフも日常茶飯だ。
「酷い」
 思えば班の奴等は遠慮なく口にする。それが鬱陶しくもあるが、気が良い奴等ばかりなので気に入っている。
 着信音が鳴る。相手は従姉の桜で、亮汰にある情報を教えてくれるのだ。
 それは待ちに待った知らせで、スマートフォンを握りしめた手に力がはいり、小刻みに震える。
「アイツ、やっと帰ってくるのか」
 弟、明日帰る、と、短いメッセージ。この何十年間、それを待っていたのだ。
「誰が帰ってくるんすか?」
 亮汰の呟きに、水瀬が興味津々とばかりにこちらをみている。
「王様」
「え、王様にお知り合いがいるんですか。すごっ」
 素直に信じたか。それが仕事の時だとしたら、冷静に判断し、時に疑うのも必要だという所だ。
「はは、お前は単純だな」
 と髪の毛を乱暴に掻きませると、鳥の巣が一つ出来上がった。
「伊崎さぁん」
 情けない表情を浮かべる水瀬に、休憩といって部屋を出た。
 休憩スペースには自販と喫煙室、給湯室とあり、ベンチとテーブル席が設置されている。休憩する時間は自由なので、煙草を吸いにきたり、何か飲みながらスマートフォンを弄っている人もいる。
 だが、タイミングよく誰もおらず、ベンチに腰を下ろしてスマートフォンを見る。
 画面には先ほどのメッセージが表示されたままとなっていて、それを手の中で抱きしめた。

 亮汰には大好きな従兄がいた。
 長谷隆也(はせたかや)は三歳年上で、亮汰を本当の弟のように可愛がってくれた。
 亮汰はとても懐いていて、嫌われないように隆也の前ではいい子に振る舞ったものだ。
 だが、高校を卒業し、料理人になるとフランスへ行ってしまった。
 その時はすごく寂しかったけれど、隆也がやりたいことだから応援してあげようと、泣くのを我慢したものだ。
 何年かの我慢。修業を終えたら日本に帰ってくるだろうと思っていたのに、向こうでの生活が合っていたのか、帰ってこなかったのだ。
 それでも数年は待っていた。だが、時が立つにつれ、戻ってくると期待をしては駄目だと、諦めかけてきたところだった。
 だから桜から連絡を貰った時は、心が沸き立った。
 会えるのだ、隆也に。
 亮汰が三十二歳になるのだから、隆也は三十五歳か。
 男惚れする、隆也はそんな人だった。そして亮汰に優しかった。
 思い出の中では大人になりかけの、かっこいい姿で亮汰の名を呼ぶ隆也がいる。
「隆也さん」
 切なく名を呟き、ため息をつく。
 帰国するまで二十日ある。それまでには忙しさも落ち着くだろう。
「伊崎さんっ」
 名を呼ばれる。水瀬がゴミ袋を手にこちらへとやってくる。
 結局、掃除をすべてやらせてしまった。
「ほら、ご褒美」
 大の甘党である水瀬に、暖かいおしるこの缶を投げて渡す。
「元気の素」
 後はオヤツの饅頭があれば水瀬は元気に働くだろう。
 メールを閉じてスマートフォンをポケットに入れる。
「さて、またひと働きするか」
「あ、大浜さんから伝言で、石井君OKだそうです」
「わかった」
 石井は社長である柴の甥っ子で、部署が違うのだがHTMLコ-ディングのバイトにきていた経験があり、忙しいときはヘルプにきてもらう。
 その間、大浜にそのしわ寄せがいってしまうので、貢物の缶珈琲を持ち、一声かけておこうと彼の元へ向かう。
「大浜、悪いな」
 珈琲を机の上に置く。そこには大浜が愛してやまない双子の甥と姪が笑っている写真がある。
「俺よりもお前等の方が大変だろうが。遅くまで会社いるんだろ?」
 心配するように、自分の目の下をなそる。隈ができているといいたいのだろう。眠気を飛ばすために顔を洗うたびに鏡で見ているのでわかっている。
「ま、こればかりはな」
「そうなんだよな」
 互いに頑張ろうと大浜が肩を叩く。
 石井は既に仕事をしていて、亮汰もデスクに戻り、パソコンのキーを打ち始めた。

※※※

 今日も会社に泊まりこみで仕事をと思っていたら、家に帰れと柴からの社長命令だ。
「そうですよ。今日は俺が泊まっていきますから」
 と水瀬が亮汰の背中を押した。
 疲れが溜まり、隈だけでなく顔色も悪かったから、流石にストップがかかったか。
 柴や加藤も疲れがたまっているだろうにと二人を見るが、はやく帰れと言われてしまう。
「わかりました。今日は帰ります」
 荷物を手にし、お疲れ様でしたと居残り組に声を掛けて会社を後にした。

 会社から自転車で通える距離に亮汰の住むマンションはある。
 帰るとソファーに座り、メールのチェックをしはじめる。
 メールは三件。そのうち、二件はすぐに返信をし、一件は水瀬なので無視をすることにした。
 テーブルにスマートフォンを置き、水を飲みにキッチンへと向かう。
 そこにカレンダーがあり、赤ペンを取り出して丸を付ける。
 隆也の帰国の日。忙しいからあっという間にその日がきてしまいそうだなと、丸を付けた場所を指ではじく。
 冷蔵庫からペットボトルの水を取り出してキャップを外して一口。
 すると、来客を告げるチャイムが聞こえる。モニターに映る相手を見て、急いで玄関のドアを開ける。
「いらっしゃい」
「こんばんわ、亮ちゃん」
 彼女の名は唯香(ゆいか)といい、隆也が帰国する理由となった人だ。
 水瀬と亮汰は同じ空手道場に通っており、そこの仲間たちとたまに飲みに行くことがあるのだが、そこで偶然に出会ったのが唯香だった。二人は幼馴染で、一緒に飲もうということになった。
 ホンワカとした可愛い子で、アパレルショップの店員をしているという。
 それならと弟の幹(みき)を誘い、彼女が務める店へ行くようになり、急接近したという訳だ。
「ご飯」
「助かるわ。上がれよ」
「うん」
 今は店をやめて、花嫁修業と料理を頑張っている。
 忙しい亮汰の為に、たくさんおかずを作って持ってきてくれるのだ。
「もうすぐだな、結婚式」
「うん。伊崎家の家族になれるの、すごく嬉しいよ」
 結婚後は家に入ることになっている。母親と唯香は仲が良く、すでに本当の母と娘のようになっていた。
 唯香が料理を温めてテーブルに用意してくれる。
 座っている間に暖かい食事がだされる、それも一人ではないのだ。なんて幸せな時間だろう。
「頂きます」
「前よりも美味しいと思うよ」
 初めて作った煮物は味が濃くてしょっぱかった。だが今は出汁がきいていて、味付けも丁度良い。
「うん、美味い」
「よかった」
 胸をなでおろす仕草が可愛い。本当に良い子が伊崎家の嫁にきてくれたと思う。
 唯香をみたら、でかしたといって褒めてくれるだろう。
「あら、亮ちゃん、なんか嬉しそうね」
 そう頬を突かれる。
「いや、いい嫁を貰ったなって」
「やだ、亮ちゃんったら」
 照れながら背中を叩く。性格もよくて可愛いなんて、本当にいい人と巡り合えたものだ。
「水瀬に感謝しないと」
「あはは。亮ちゃんに感謝されたら、輝くん、尻尾振って喜んじゃうよ」
 亮ちゃんのことが大好きだものねと笑う。
「御馳走様」
「はい、お粗末様」
 洗い物を済ませ、リビングで話しながらお茶をのむ。
 大抵は唯香が話し、亮汰が聞くというかたちとなる。
 ひと通り話をして、スッキリしたようだ。
「ごめんね。愚痴っちゃって」
「いいよ。この頃は忙しくて話も聞いてやれなかったし」
「亮ちゃん、優しい」
 大好きと軽くハグをする。
 甘えられて悪い気はしない。亮汰も軽く腕を回して背中をぽんと叩く。
「さてと、そろそろ帰るね」
「悪いな。ゆっくりしていけと言えなくて」
「いいよぉ。顔が見れたから。ただし、駐車場まで送っていってね」
 と亮汰の腕に腕を絡める。
「わかった」
 亮汰のところまではいつも車でくるので駐車場まで送り、またなと手を振って別れた。