獣人、恋慕ノ情ヲ抱ク

バスタイム

 二人の心が安らぐ場所になればいい。慣れない暮らしをスタートさせて住む場所にまで気をつかわせるのは可愛そうだから。
「ただいま」
 扉を開いて声を掛ける。すると「おかえり」と返事がある。
「ごめんね。遅くなっちゃった」
「いや。今日は色々とあったからな」
 読んでいた本を閉じてテーブルの上に置く。
「お腹すいた?」
「あぁ」
 食べるものをここにも置いておくべきだった。帰ってきたら温かい食事を作ろうと思っていたのでライナーの分は用意していなかった。
「すぐにご飯を用意するから」
「頼む」
「待っていてね」
 今日は魚がある。それをムニエルにし、イネの実を釜で炊き上げたものと一緒に出した。
「召し上がれ」
「頂きます」
 手を合わせ、綺麗な所作で食べ始める。
「保護施設はどうだった?」
「いいところだったよ」
 保護施設での出来事をライナーに聞かせた。
「子供たち、可愛かっただろう」
「うん。皆、明るくていい子だった」
 ふたりがいつか自分で焼いたパンを子供たちに食べてもらいたいと言っていた。
「俺さ、二人と出逢えて良かった。ライナー先生、引き合わせてくれてありがとう」
「そうか」
 ライナーが口元を綻ばせる。あの出来事を知っているからこそエメの気持ちが変わったことを喜んでくれているのだろう。
「俺、ふたりが一人前になるまで頑張って教えるね」
「エメ、一緒に見守ってもいいか」
「うん。ライナー先生も一緒なら心強い」
 もし、自分ではどうにもならないことが起こったときにライナーなら冷静に対処してくれそうだ。
 心のケアもそうだ。エメも随分と助けてもらったからだ。
「ライナー先生、ご飯冷めちゃうから食べて」
「そうだな」
 ライナーの前の席に腰を下ろして食べている姿を眺める。
「なんだ、嬉しそうな顔をしているが」
「うん。俺の作った料理を食べている姿が見れて嬉しいの」
「そうか」
 お昼はニコラのことで嫉妬していたが、それは口にしないでおく。
 そして気になることが一つある。
「ねぇ、ニコラの料理はどうだった?」
「ん、そうだな懐かしい味かな」
 その回答にひとまず安堵し、自分が最も知りたいことを尋ねた。
「俺の料理は」
「家庭の味だな」
 それは食べなれた味的みたいなものだろうか。
「う、うん?」
 結局は好きなのかどうなのかよくわからない答えにエメは首を傾げた。
「毎日食べたい、ということだ」
 ぽんと頭を叩き撫でまわした。
「そっか、えへへ」
 もしも懐かしさを選ぶのならブレーズに料理を教わりに行けばいい。
 でもエメの料理を選んでくれたので嬉しすぎて尻尾を振り回す勢いがすごい。
「エメ、落ちつきなさい」
 ライナーが立ち上がりエメの傍にくると尻尾を下から掴み取る。
 根元に近い場所を掴まれるのは少々やばい。
「ん……っ」
 体が小さく震えてぞくぞくとしたものが走り抜けた。
 耳に息がかかり、尻尾と耳が立ち上がった。
「せんせぇ、だめ」
「エメは警戒心が少し足りない。誰にもこんなまねをされていないよな?」
 それにライナーがこうするのはからかう時かエメに教えるときだけだ。いきなりするのは危機感を持つようにと思ってのことだろうが、好きな人が相手なのだからその効果はあまりない。
 しかもジェラールやブレーズにも心配をされたことがある。警戒はきちんとしていると思っているのは自分だけのようだ。
「うん。俺はモテないから」
「そんなことはない。こんなに可愛いのに」
 ライナーの言う可愛いは弟として、ということだろう。嬉しいけれど欲し好きとは違う。
「ライナー先生だけだよ。俺を可愛いっていうの」
 ありがとう、そう言うとライナーから離れた。
「さてと洗い物をしてお風呂に入ってくるね」
「なぁ、一緒に入ろう。獣人にとって風呂はコミュニケーションの場だったよな」
 互いに意見を言い合い仲を深める、騎士である幼馴染が先輩に対して意見をいう時に風呂が一番だと言っていたなと思い出してしまい、そうじゃないと自分につっこむ。
「その通りだけど、ライナー先生は獣人じゃないし」
「背中を流しあったのはいつぶりだったかな」
 すっかり一緒に入る気になっているようで上着を脱いで椅子の背もたれに掛けた。
「せ、ライナー先生、待って」
「ん? 俺のシャンプーの腕を知っているだろう」
 両手をわきわきと動かしてにやりと笑う。確かにアレは癖になるほど気持ちがいい。
「うう、好きだけどぉぉ」
 子供のころと違って別の意味を持ってしまう。
「エメ、ライナー先生に洗われなさいな。ドニのお店で新作の石鹸が売っていてね。もこもことした泡ができるそうだよ」
「はぅっ」
 ドニの作った石鹸は香りが良いだけではなくそれで洗うと毛並みが艶やかになる。評判が良くてなかなか手に入らず、大事に大事に少しずつ使っていた。
「よろしく、お願いします」
「任された」
 好きな人からの気持ちの良いお誘いを断ることはできない。
 期待で尻尾が落ち着かず、そわそわとしながら洗い物を済ませる。
 その間、ライナーはふわふわ石鹸を用意してくれて、それに鼻を近づけると花の香りがする。
「いいにおい」
「あぁ。エメの全身を洗ってから、後で匂いも楽しもう」
「ん……え?」
 いや、今、匂いを楽しめばいいような気がするが、獣人のように鼻をくっつけてスンスンとする姿を想像してそれもいいなと思いなおす。
「それにしても全身が泡だらけで食器を洗うスポンジのようだ」
「それなら俺でライナー先生を洗ってあげるよ」
 ふざけてライナーを背中から抱き、体を擦りつけた。
「ふっ、くすぐったい」
「食器の気持ちがわかるかもよ」
「はは。それなら何かを盛る方の側は気持ち良いのだろうな」
 とライナーが顔を向けて目を細める。それがとても色っぽくてエメの心が飛び跳ねた。
「な、何を言って」
 体の位置を変えて向かい合う。ライナーの腕が首の後ろに周り、ぴたりと胸と胸がくっつきあった。
「せんせぇ」
「背中ばかりではなく前も洗ってくれるだろう?」
 乳首が重なりこすれあう。
「ひゃぁっ」
 いきなりのことに驚き、そして触れただけで感じてしまって更に驚いた。
「背中を洗う時に擦れていたからな。かたくなってる」
 その通りだった。時折、甘い痺れを感じていた。
「ややや、それは」
「雄だって、感じるものだ」
 胸が離れて今度は指がその箇所を振れる。先ほどよりも強い刺激が体の芯を震わせる。
「んっ」
「エメ、恥ずかしことじゃない。素直に感じて乱れるといい」
 好きな人にこんなことをされているのだ。頭の中が追いつかずにあたふたとしていた。
 すると意味ありげに尻を撫でられてエメの顔が熱を帯びる。
「明日もパンを焼かないと」
「そうだな。ここではなく別の個所を」
 今は素直に慣れない。そこには別の感情があるからだ。
「エメ、ここに集中してごらん」
 ライナーの舌先が乳首を吸っていた。
「ひゃぁっ、なんで赤ちゃんみたいなことをしているの」
「かたくなって突起しているコレには一番効くだろう?」
 再び吸われて、言っていることの意味を嫌でも感じてしまった。
 気持ちよすぎて喉の奥から、
「くぅぅ……ん」
 と泣いてしまったのだから。
「あー、こんなに初心な反応を見せるのは俺のせいなのか」
「そうだよ、せんせいが吸うからっ」
「そう、だな」
 悪かったと頭を撫でられてお湯を掛けられる。
 もこもこな石鹸が洗い流されて、別の箇所までたっているのが露になる。
「きもちい、からこうなっちゃったんだからね」
「その通りだな。気持ちよければここも、あそこも反応する」
 たちあがっている箇所を撫でられて耳と尻尾が垂れて震えた。触れたらどうなるかなんて同じ男なのだからわかることだ。
「年頃の雄だというのに一切見せないから、きちんと抜いているのか?」
 エメはライナーに頭を撫でられたりくっついていられたらそれで満足してしまう。
 だが性に淡白というわけではない。どうしようもない熱は外に出すこともある。
「そういう、せんせいは?」
「俺か。しているよ。ずっと溜まったままの熱はあるけれどな」
 そういうと辛そうな表情を浮かべて額をくっつける。
「そう、なの?」
 その熱はエメが抜いてあげることができないのだろうか。
 だけど必要ないと言われたら……そう思ってしまうと口には出せない。
「さて、このまま続けても?」
 たったものを指さされてハっとなる。
「自分でするっ」
 さすがにそれは恥ずかしさに耐えきれなくなりそうだ。
「昔はしてあげたのに」
「あれは、まだ子供だったし」
 精通したての頃のことだ。どうしておもらしもしていないのに下着が濡れるのかなんて知らなかった。
 どうしてこうなるのかを教えてくれたのはライナーで、お風呂でやり方を教えてくれた。
「のぼせる前に上がっておいで。後で拭いてブラッシングをしてあげよう」
「うー」
 こんなことになったのはライナーのせいで、だがお風呂の後のブラッシングはしてほしい。
 複雑な気持ちのまま一人風呂に残り後始末を始める。
 まだ体のあちらこちらにライナーの指の痕跡が残っていて、すぐに欲を吐き出すことができた。