獣人、恋慕ノ情ヲ抱ク

お仕置き

 屋敷に着くとすぐに風呂へと連れていかれた。森へ行き納屋に縛られていたため全身が汚れていた。
 ドニたちが帰ると、先に戻った面々が出迎えてくれた。
「ごめんね遅くなっちゃって」
 すぐに戻ると思っていただろう。あたりは薄暗くなっていた。
「なんだ、三人とも汚れているな。風呂に入るといい」
 話はその後にと風呂へ直行することになった。
 風呂で順番に体を洗っていると、
「着替えを持ってきた」
 と外からゾフィードが声をかけてくる。
「ありがとう」
「帰りが遅いから村人とまた何かあったかと心配していた」
 その言葉に、一瞬言葉が詰まった。
「なんだ、そのまさかなのか」
 静かに怒りを含んだ声だった。
「あの、ゾフィード」
 風呂から出ようとするのをファブリスに止められた。
「すまん」
 ファブリスが謝る必要などない。
「俺がっ」
「ドニ、やめろ」
 二人を守るのがファブリスの役目だった。だから謝罪の言葉はドニに言わせない。
 ロシェからそういわれてドニは出ていくことをやめて黙った。
「風呂から出たらリビングにこい。食事の用意をして待っている」
 そう言い残してゾフィードは行ってしまった。 
「ファブリス、俺」
「俺はドニとロシェを頼まれたんだ。それを果たせぬ俺が悪い」
 そうだとしても、ドニが悪いのだ。
「ドニよ、自分を責めるなといっただろう?」
「ファブリス、何を言っても気になると思うぞ。それならゾフィードに仕置きをしてもらえ」
「え、お仕置き!?」
「あぁ、それがいい。ロシェ、お前も仕置きを受けろ」
 ファブリスの耳が動いている。なぜだろう、心なしに嬉しそうだ。
「俺は十分に反省をしているから受けない」
 ロシェは嫌そうな顔をしている。だが、受ければすっきりとする気がして、
「お仕置きを受けるよ。ロシェもね」
 ファブリスをあそこまで怒らせてしまったのだからというと、ロシェは嫌そうな顔をせずにわかったとこたえた。

 風呂から上がりダイニングルームへ行くとすぐに温かい食事が用意される。
 それを食べ終えるとロシェとファブリスは部屋へと戻り、ドニとゾフィードの二人だけとなる。
「疲れただろう。先に休め」
 片づけがすんだら俺も戻るというが、ドニは首を横にふるった。
「ゾフィード、怒っているよね」
「まぁな。ドニ、何か飲むか」
「はちみつ入りホットミルクが良いな」
「わかった」
 鍋でミルクを温めてはちみつをスプーン二杯。それがドニのお気に入りの甘さだ。
 しかも飲みやすい温かさにしてくれるので、カップを手渡されて一口。ホッとして口元がほころんだ。
「美味しい」
「そうか」
 ゾフィードはハーブティを入れたようで爽やかな香りがドニのところまで届く。
「村の人たちにはさ、相手にされていなかったけれど酷いこともされたことはなかった。だから酷い目に合ったけれど、次に会ったら大丈夫って思っていたんだ」
 エイダが謝りに来た時は、やはり村人に悪い人はいないんだと、嫌いにならないで済んでよかったと思った。
 それなのに裏切られてしまった。
「信じたかったのに、ロシェの大切なものを奪おうとしたんだ」
 ドニは自分自身を抱きしめる。
 もしもあの宝石を奪われてしまったら。自分にはどうやっても責任はとれない。
 あれは世界でただ一つだけのものなのだから。
「ファブリスがね、反省をしているのならもういいというんだけど、自分が許せないよ」
「けしてドニが悪いわけではない。手を出したのは村人だろう」
「でも、俺が二人を巻き込んだんだ」
 そう言葉を切り、そして、
「俺にお仕置きをしてほしい」
 と口にした。
「仕置きって、どうしてそうなった」
「許されるのも辛いんだよ。だから痛みと共にすっきりと」
「それを言い出したのは誰だ」
「ロシェだよ。ゾフィードにしてもらえって」
 そう告げるとゾフィードが頭を抱えた。
「わかっているのか? ベッドの上ですることだぞ」
 ドニの中では仕置きといえば平手で尻を叩かれることだ。祖父が生きていたころ、悪戯をしてはお仕置きだと叩かれた。
 とくにベッドの上ではしたことはないが、ここではそうするのだろうか。
 四つん這いになり、ゾフィードに向けて腰を突き上げる。それはまるで抱き合う時の行為のようだ。
「まるでエッチなことをするみたいだね」
 ついつぶやいてしまい、あわてて口を手で押さえる。
「そういうことをするのでは」
「へ」
 目をぱちぱちとさせてゾフィードを見る。
「お尻を叩くんじゃないの?」
「あぁ、そっちの仕置きか。いや、俺たちはふくらはぎを鞭で叩かれる」
「え、えっ、ゾフィード、痛い方じゃなくて、気持ちいい方の」
「ドニが、気持ちがすっきりとか言うから、勘違いをだな」
 それでも、ゾフィードはドニに恋人同士がするように触れようとしてくれたのだろう。
「ゾフィード」
 期待するようにゾフィードを見れば、顔に手を当てて頭を垂れた。
「言っておくがお仕置きだからな、わかっているよな」
「うん、わかっているよ」
「そうか。すぐに片づけを終える」
 片づけを終えてファブリスがエプロンを外す。そして手を差し伸ばした。
「いくぞ」
 その手をつかんだら、この先に待つのは……。
 今まで想像はしたことがあるが、それを実際にするとなるとなんだろうか、急に恥ずかしくなってきて顔が熱くなった。
「ふ、ドニ、やめるか?」
 普段なら恥ずかしいとか嫌だとか言うくせに。余裕があるようにみえる。
「やめない。行くよ」
 今度は逆にドニの方からゾフィードの腕を引いた。
 部屋に入ると手が離れて肩をつかまれる。それに驚き肩を揺らすとベッドに座らせられた。
「普通にしたらそれはただの交尾だ。仕置きにならん」
 確かにそれだとドニにとっては仕置きではなくご褒美だ。
「じゃぁ……」
 ごくっとつばを飲み込む。
 ゾフィードの指がシャツのボタンをはずしていく。
 露わになる上半身に、ゾフィードが目を細めてぺろりと唇をなめた。
 得物を見つけた、そんな感じに見えた。
「ゾフィード」
 触れてほしいとゾフィードを見るが、動くことなく視線だけがドニの体に注がれる。
 それを感じるたびにぞくぞくと体が震えた。
「本当にピンク色だな。あれをいじるとぷっくりと膨らみ赤く染まるのか」
 ピンク色といわれ、自分の体へ視線を向けるとある個所が目に入った。
 ゾフィードが見ていたのは薄い胸板にある二つの粒だ。その視線を意識してしまい、それがピンと立ち上がった。
「やっ」
 あわててそれを手で覆い隠すと、
「ドニ、隠すな。仕置きにならないだろう?」
 ゾフィードのざらりとした舌が指の付け根をなめる。まるでその隙間から乳首を狙っているかのようだ。
「ん、だめ」
「だめ、じゃない。色つく瞬間まで見せろ、ドニ」
 舌が指の隙間から乳首へと触れる。押さえていた手がだらりと下へおちる。
「やっと見えたな」
 胸を隠していた手に尻尾が当たる。喜んでいることに驚き、そしてそれが余計に感度をよくさせる。
「はぁ、ん」
 舌先で捏ねて転がされて、唾液でべとべとに濡れた個所はぷっくりと膨れ真っ赤に染まった。
「ファブリスの言っていた通りだ」
 爪の先が優しくかすめるようにそこへ触れて体が小さく飛び跳ねる。
「や、あ」
 ひりつく痛みと、もっと弄ってほしいという欲。そして他の個所もゾフィードを求めていた。
「ゾフィード、下も弄って」
 下半身のモノに自分のをこすりつける。
「ダメだ。お仕置きだからな」
 にぃ、と口角をあげてドニの身を離した。
「ゾフィード」
 きゅんきゅんとしながらゾフィードを待つ下半身のモノへ触れてもらえないなんて。ドニは足をつぼめてもじもじと体を揺らした。
「そこは自分で触るといい。見ていてやろう」
「そんな」
 目の前に相手がいるのに自分で触れるなんて、なんてむなしいことだろう。いくら視線を送ろうがゾフィードは触れる気はないようだ。
 自分でする以外に選択肢はなく、ズボンを下ろすと密で濡れた個所を晒しだす。
 ちいさなそれは立ち上がり、触ってほしいと主張する。
 だが、そこに触れるのはゾフィードの視線だけだ。
「あぁっ」
 ふるりと体が震えた。
 ぎらつく目が一点を見つめる。それだけでドニは感じてしまった。
「はぁ、ゾフィード」
 下半身のモノをこすりながら名前を呼べば、耳がぴくりと動き尻尾が揺らぎ始める。
 ゾフィードも興奮しているのか、視線に熱がこもり息が荒い。
「シながら名を呼ばれるのがこんなにも良いものとは思わなかった」
 そういうと自分の下半身のモノをひっぱりだして弄り始めた。
 毛におおわれたモノが顔をあらわし、そして蜜を垂らす。
 自分を見てああなったのだろうか。愛おしくて、欲しくてたまらなくなる。
 あれを咥えながら自分のをこすったらどれだけ気持ちがいいだろう。
「ゾフィード、それ俺が咥えていい? こっちは言われた通りに自分でするから」
 手を伸ばすとそれをつかまれて引っ張られてすっぽりと腕の中へとおさまった。
「ゾフィード」
 これでは咥えることも自分ですることもできない。抱きしめられるのは嬉しいが、体は高ぶったままなのでこれは辛い。
「ねぇ」
 その気にさせようとゾフィードのモノへと触れると、体を持ち上げられて向かい合わせにまたぐように座らされた。
「え、ゾフィード」
 互いのモノがぴたりと合わさり、そして大きな手が両方を包みこすりだす。
「ひゃぁっ、まって」
 一人で弄るよりも断然にこちらのほうがくる。
「ん、またない」
 かたくてあついモノがこすれあい、そして高みにのぼっていく。
「ん」
「あぁっ」
 ゾフィードの手の中で欲が放たれてまじりあう。
「咥えたかったのにぃ……」
 放った後の気怠さでドニは額をゾフィードの肩にあてる。
「ドニよ、仕置きだということを忘れているな」
「そういうゾフィードも、最後のこれはお仕置きじゃないよね」
 一人でイくはずだったのにゾフィードの手の中でイけたのだから。
「予想以上にきた。俺も雄だったということだ」
 我慢ができなかったと、ドニの髪を撫で顔をこすりつけた。