獣人、恋慕ノ情ヲ抱ク

お風呂で×××

 ダイニングルームでは食事の用意がはじまっているようで、いい香りが部屋中に充満している。
「帰ってきたか」
 エプロン姿のゾフィードを見た瞬間、ホッとして強張った表情がほぐれた。
「美味しそうなにおい」
「そうだろう。お前用にパイを焼いている」
「本当! 嬉しいなぁ」
 ゾフィードに抱き着いてにおいを吸い込んだ。
「俺の匂いで腹いっぱいにするなよ?」
 ぽんと頭に手をのせて、座って待っているように言われた。
「うん、そうだね」
 ほっと息を吐くとロシェが隣に座り、
「元気がでたか?」
 と顔を覗き込む。
「あ、やっぱりばれてたか」
 ゾフィードに甘えて元気をもらっていたのを。
「それにしても、アイツ、優しくなったな」
「うん。今までなら邪魔だって言われてたろうね」
 ロシェにもわかるゾフィードの変化。セドリックがしてくれたことは刺激となり良い方向へむかっていた。

 ゾフィードが差し出す皿の上には、ドニが食べられるものを少量ずつ盛ってある。そして別口にパイが一つ。
 無理なく食べ切れる量だ。
「ゆっくりでいい。これだけは食べろよ」
「うん」
 焼き立てのパイはさくっと音をたて、フルーツの甘みと柔らかさの中にかりっと香ばしい触感がある。
「はぁ、美味しい」
「そうだろう? これはファブリスの母であるコレットさんの得意な料理でな。とても美味くて俺も好きなんだ」
 そういうとゾフィードがファブリスを見る。母親を褒められるのは嬉しいのだろう。相好を崩した。
「そうなのか」
 ロシェも興味を持ったようだ。
 ファブリスと出会う前のロシェは何に対しても興味を示さず、誰かと関わり合いになることすらしなかった。
 恋は人すら変えるのだなと、ドニは微笑ましくロシェを眺める。
「母は果樹園で育てた果物で菓子を作るのが好きでな。これからたくさん食べさせてやりたい」
 そっとロシェの手の上に自分の手を重ねた。
「はぅぅ、いいなぁ。料理上手なお母さんの獣人」
 エプロン姿の雌の獣人を思い浮かべると、つい、涎がたれそうだ。
「こら、コレットさんを汚すな!」
「えぇっ」
 顔も知らないからファブリスの雌バージョンで想像していたのがバレたかと一瞬思った。
 まぁ、そんなわけがないのだが。
「とてもかわいらしい方なんだ」
 ゾフィードがそういうのだから、ドニが会ったら息が荒くして興奮してしまうのだろう。
「いいなぁ、会ってみたいなぁ」
「そうだな。今度、家へ招待しよう」
「うそ、やったぁ!」
 ファブリスの言葉に、会えるんだと思うと嬉しくて頬を緩ませていると、ゾフィードが嫌そうな顔をしていた。
 それに気が付いて、
「流石に嘗め回したりしないよ?」
 そう口にすれば、絶対会わせるなとファブリスの肩をつかんで激しく揺さぶっている。
「はは、確かに会わせるのに少し不安があるな。それならばジョゼットさんもお呼びしよう」
 ジョゼットとの言葉に、ドニがぴくりと反応する。
「え、だれ、ジョゼットさん!」
 新たな雌の獣人かとワクワクしながら答えを待つ。
「ファブリス、俺の母上を巻き込むな」
 とゾフィードががっくりと肩を落とす。
「ゾフィードのお母さん!」
「シュゼットさんは元・騎士でな、強くそして美しい方だ」
「へぇぇ、じゅる、やば、よだれが……」
 ゾフィードの家族となればドニが落ち着いていられるわけがない。好意を持っている相手なのだから。
「変態め、絶対に会わせん!」
「えぇ、お母さんとお会いしたかたなぁ」
「お前なぁ」
 自分には親はいないし、ロシェは小さな頃に彼の父親が無理心中を計り家に火を放ち両親を亡くしている。
 ゆえに母親とはどういう存在なのか知らない。
 過去を知っているので二人は聞いてこなかったが、若い獣人の一人が訪ねてきた。
「あ……、俺らはいないんだ」
「それは、失礼しました」
「うんん。だから皆の話を聞かせて」
 それから家族の話を聞き、楽しい時間を過ごした。
 食事を終えて、お風呂へと向かう。
 一人、湯船につかっていると先ほどの会話を思い出して落ち込んでしまった。
「家族か」
 今まで羨ましいと思ったことなど一度もない。自分には祖父とロシェがいたから。
 だが、ロシェは新しい家族を持った。
「俺、ひとりぼっちなんだな……」
 欲しいけれど望んでも手に入らないものもある。周りが幸せになるのを僻んた時もあったが
「あぁ、もうっ、どうこうできるもんじゃないんだからさっ。俺ってどうしてこうなんだろう」
 湯船で何度も顔を洗うと少し気持ちが落ち着いた。
「はぁ。ばかみたい」
 風呂から上がって寝てしまおうと湯船を出ようとすれば、
「ドニ、入るぞ」
 ゾフィードの声がし中へと入ってきた。こちらから誘っても一度もうんといってくれたためしはない。それなのに今日にかぎって彼の方から声をかけてくるなんて。
「珍しいね」
「なんだ、一緒に入るのは嫌だったか」
「そんなわけないでしょ。ゾフィードと一緒に入れるんだもの」
 そう笑って見せるが、顎にゾフィードの手が触れて顔を覗き込まれた。
 もしや、村で起きたことを話したのだろうか。
「で、誰かから頼まれたの?」
「あぁ。ドニの傍にいてやってほしいとロシェに頼まれた」
 夫婦にされたこと、孤独を強く感じてしまったこと、色々とあってドニは複雑な気持ちだった。
 うつむくドニに、ゾフィードが頬を両手で包み込みふにふにと動かした。慰めてくれている、それが伝わるか頬が熱くなる。
「ゾフィード」
 彼の膝の上に乗るような形で抱きつくと、お尻にふにゃっとした何かが当たった。
「ドニ、それはっ」
 焦るゾフィードにドニは首を傾げる。
「ん、なに?」
 それは毛のようなものにおおわれていて、上から下へと確認するように指を動かすとゾフィードの耳と尻尾がぴんと立ち上がった。
「あっ」
 雄の象徴。今、ドニの手の中にゾフィードのモノが握られていた。
「ドニ、よせ、もむな」
 少し強引な手を使ってでも意識をさせた方がいい。だが、本気で嫌がったら即やめろ。セドリックから言われたことだ。
 獣人は耳と尻尾が語ってくれる。言葉とは裏腹に尻尾が動いていた。
「んっ」
 なんと色っぽい声か。ぞくぞくとする。
 それに手の中にあるものに興味がある。どんな味がするのだろう。
「欲しいな」
 ぼそっと呟いた言葉にゾフィードが反応する。
「何を、考えている」
「ゾフィードの、口の中で咥えてもいい?」
「口で、だと。あぁ、そうかお前らは牙がないか」
 口を開かされ中に舌が入り込む。
「ふ!?」
 歯列をなぞられてぞくぞくと体が震えた。
「ん、人の子は牙が小さいんだな」
「犬歯って、いうんだよ」
「そう、か」
 上が終わり今度は下の歯をなぞられる。
「ゾフィード」
 それがあまりに気持ちよくて頭がぼーとする。このまま唇も触れ合いたい。顔をもっと近づければ触れる、それなのに確認をし終えたゾフィードはドニの口の中から舌を抜いてしまった。
「食いちぎられる心配はなさそうだな」
「あっ」
 キスしたいと手を伸ばすが、ゾフィードは湯船から出ると風呂の淵に腰を下ろした。
「なんだ、やらないのか?」
 まさかOKしてくれるとは思わなくて顔を二度見してしまった。
「うんん、する!」
 気が変わらぬうちにと湯船から上がりゾフィードの足の間に体をいれて下半身のモノへと触れる。
「獣人の」
 自分たちと同じ形だが、毛におおわれている。
 それを味わうようにゆるりと舐める。
「ねぇ、この状態だと感じないの?」
「いや、そんなことはない」
 ただ、むき出しの状態よりは感じない程度だそうだ。
 それならと口で咥えて吸い込めば、ゾフィードの体が跳ねた。
「ドニ、それはダメだ」
 耳と尻尾が垂れる。
「きゃわぁっ」
 ちゅちゅと音をたてて吸い込めば、ぬるりとした感触。
 咥えていたのをとりだせば、ひょっこりとむけたものがあらわれた。
「ゾフィード、頭が出てきたよ」
「いうなっ、お前はデリカシーがないな」
「だって、可愛いんだもん」
 ぺろりとそこをなめると、ふるっと震えて中からとろりと蜜を流す。
「ん、甘い」
「そんなわけがあるかっ。お前の味覚はおかしいぞ」
「えぇ? 好きな人のは甘いんだよぉ」
 といったものの、昔、誰かが言っていたのを聞いただけで、真実かどうかは初めてだから知らない。
 だが、ゾフィードのを味わうのを楽しみにしていたドニにとって、どんな密よりも甘く心が震えるものだった。
「ゾフィードの、全部出たね」
 熱いモノがそりたち、それにドニが舌を這わす。
「ドニっ」
「きもちいいみたい」
 ぱくりと口で咥えて吸い上げる。それが気持ちよいと尻尾が揺らいでいる。
 素直で可愛いなとそれを眺めながら高みへと誘う。
「んっ」
 ドニの口の中に苦いものがはなたれ、それを飲み込んだ。
「はぁ、ごちそうさま。ゾフィードの生絞り」
 その言葉に、ゾフィードが冷たい目でこちらを見ているが気にしない。
「それじゃ、お風呂から出よっか」
 そう口にするとマテと掌が邪魔をする。
「なんで?」
「ドニも辛いだろう、それ」
 指の先、小ぶりの自分のモノがたちあがっていた。
「あ、これは、後でするから」
「いや、咥えることはできぬが舐めてやろう」
 とぺろりとドニのモノを舐めた。
「ひゃっ、ゾフィード」
 まさか自分のをなめてくれるなんて思わなかった。心臓が激しく高ぶる。好意を持っている相手にくらった不意打ちは、腰がぬけるものなのだと知った。
「ドニ、大丈夫か」
 ゾフィードが顔をのぞかせ、更に心臓が飛び出しそうになる。
「ごめん、のぼせちゃったみたい」
「ほら、ドニ」
 手を差し出すゾフィードは優しい顔をしている。
「今は立てなさそうだから先に出てて」
「そうか」
 ゾフィードがドニの体を抱き上げた。
「わぁっ」
 ダイニングルームへと向かい、ソファーへと下ろされる。
 裸のままで二人がくるものだから、ロシェが急いでバスロープを持ってきてくれて、それを体にかけてくれた。
「ドニ、どうしたんだ?」
「のぼせちゃって」
「そうか。冷たい飲み物を用意しよう」
 ファブリスが部屋を出る。
「裸でくるから驚いた」
「はは、そうだよね」
「何をしていたんだか」
 互いのモノをなめてました。なんてさすがに言えない。
 口の中に残る微かな苦みが、あれは夢ではなかったと教えてくれる。
「へへ、内緒」
 つい、口元が緩んでしまう。
「好きな人と共にはいる風呂はよいものだ。長湯をしてしまうのは仕方がないだろう」
 とファブリスがグラスをドニに手渡す。一口含むと冷たくさっぱりとした味がして美味しい。
「ゾフィードはお前と違って盛らねぇよ。なぁ、ドニ」
「ぶほっ」
 そのまさかゆえに思わず噴き出てしまった。
「うわぁ、ドニ」
「大丈夫か!?」
「よかったな服を着る前で」
 盛った相手は暢気にそんなことを口にしてドニに服を差し出した。
「着てこい」
「うん」
 残った飲み物を飲み、ファブリスに美味しかったとお礼を言ってコップを手渡して脱衣所へと向かった。